コストが高くなる場合がある

デメリットも知っておこう

できるだけ希望を多く取り入れたい、他にはない世界でひとつだけの家を建てたいという場合は注文住宅が向いています。デザインから建材、設備まで自由に選ぶことができますし、建築中の過程をしっかりと確認できるというメリットもあります。注文住宅には多くのメリットもありますが、実際に建てる前にはデメリットも知っておきたいところです。まず、注文住宅では土地探しから設計、工事など多くのプロセスがあり、関わる人もそれだけ多くなります。人件費や手数料も多く発生するので、建築コストは建売住宅よりも高くなることは理解しておきましょう。細かな部分までこだわって建てられるのはメリットですが、あまりに希望を多く入れすぎると予算をオーバーする可能性もあります。建築中に変更や追加を行うことはできますが、追加費用も多く発生するので注意が必要です。

予算内で良い家を建てるなら

注文住宅はコストが高くなる傾向はあるものの、工夫次第では予算内で良い家を建てることもできます。まず、資金計画はしっかりと立てておくことが大切です。フルオーダーでは、完全に好みの家を作れるというメリットがありますが、こだわりが多くなればなるほど多くの費用が発生しますし工期も長くなりがちです。費用を抑えるなら、基本的な仕様が決まっているセミオーダー住宅にも注目してみましょう。それから、土地の購入費用を抑えることも、安くすることにつながりますので土地選びも慎重に進めていきたいところです。選ぶ業者によっても、総費用は変わってきます。見積もりをするときは一社だけではなく複数社で行い、工事内容や費用を比較してみましょう。