予算を調整できる

注文住宅の建築にかかる費用

注文住宅を作る際には、予算を組み立てた上で建築します。注文住宅のメリットの一つが予算を調整できるという点ですが、建築にかかる費用を把握した上で予算を組むことが必要です。
注文住宅にかかる費用としては、住宅本体の費用が挙げられます。建築費用の約75~80%を占める部分だとされていて、建物本体だけではなく工事用の足場・基礎・建築材料の加工と組み立て・断熱・屋根・外壁や防水加工などにもお金がかかります。
住宅内の設備にも費用はかかります。排給水工事に冷暖房、屋内と屋外の電気配線、照明などが挙げられます。外構もする必要があってカーポート・庭・門扉などです。ほかにも、各種税金や住宅ローン、保険料に引越し費用なども考えて予算を組みます。

コストダウンしたい時のポイント

理想の住宅を作ろうとすると、予算オーバーになってしまうケースはよくあります。そのため予算調整をしたいという場合には、コストダウンするときのポイントも知っておくと良いとされています。簡単なやり方としては間取りを見直すという方法が挙げられます。2階建てでも複雑な形で作るよりも、できるだけシンプルな四角い形にした方が材料に無駄がなくなることで、コストダウンにつながります。 窓の数を減らすか、小さくするのも効果的です。西日があたりやすい部分や日の当たらない北側は窓を小さくすることで、暖房効率なども良くすることができます。そのほか、力を入れなくても良い設備はグレードを下げるというのもコストダウンに有効な方法です。

分譲住宅の購入を考え始めたら、まずは費用や間取りなど譲れない項目をはっきりさせましょう。また、現地を見学したり、周囲の環境を確認することも大切です。