建築過程をチェックできる楽しみがある

工事期間中なら毎日見学が可能

建築中に現場を訪れて建築過程をチェックできるのは、注文住宅の大きなメリットです。安全な状態で工事の邪魔にならないように見学するのであれば、工事期間中に毎日建築現場に足を運ぶこともできます。建築中の注文住宅の姿は日々変化していくため、思い出づくりとして見学する度に写真を撮影しておくのもいいでしょう。

また家が完成していく様子を見て喜ぶ依頼主の姿は、職人たちを嬉しい気持ちにさせます。休憩用にお茶を用意してあげるのもおすすめです。ただし工事現場は危険な場所なので、建築過程を見学する時には現場監督に声をかける必要があります。現場監督に見学時の注意事項を確認し、怪我をする恐れがある場所には近付かないようにしましょう。

建築過程でチェックしておきたいポイント

注文住宅の建築過程を見学しておくと、理想と現実に大きな違いがあった時にすぐに気付き修正を依頼することができます。各部屋の印象や窓から入ってくる光の量は、実際に物件の建築が完了してからでなければ確認できません。またインターホンの位置や収納の棚板の高さなど、実物を目にしなければわからないものもあります。建築過程を見学する際には、間取り図だけではわからない部分を確認するようにしましょう。定期的に工事現場に足を運んでおくと、注文住宅の問題点に早い段階で気付けます。

また使用する材料や工事内容が変更されると、費用や工事期間にも影響するため注意が必要です。注文住宅の建築を依頼する際には、工事開始後の打ち合わせ頻度も確認しておくようにしましょう。

建売住宅とは、土地と建物がセットで、既に完成している家のことです。価格が手頃で即入居出来ることが最大のメリットであり、魅力です。