自分の要望を取り入れられる自由度の高さ

注文住宅の自由度は選ぶことができる

注文住宅は、自分や家族の要望をかなえるのによいシステムです。ハウスメーカーや工務店、設計事務所などに注文住宅を依頼できますが、どれほどの自由度があるかは、依頼先企業のスタイルによります。注文住宅は、大きく分けてフルオーダー住宅とセミオーダー住宅に分けられます。フルオーダー住宅は、家にかかわるすべてのパーツを注文主の考えや理想を反映させた形で建てることができます。一方、セミオーダー住宅は、家の間取りやデザイン、設備や構造などの選択肢がある程度限定され、注文主は選択肢の中からチョイスする形で住宅を建てていきます。この場合、すべてが自由に決められるというのではなく、制約がある中で家を建てることになります。

自由度の高さをプラスに生かすために

自由度の点ではフルオーダーにかなうものはありませんが、家を建てた経験がない方にとっては、自由度が大きいほど負担になる場合があるため注意が必要です。例えば、階段一つ例にとってみても、螺旋階段にするか、階の途中で折り返す形の階段にするか選択が迫られます。さらに、階段の材質や、踏み板の高さと幅をどれくらいにするかなど、細かい仕様を注文主自身が決定しなければなりません。もちろん、担当者や設計士が選択するのに必要なアドバイスをしてくれますが、自由度を最大限に生かすためには、自分や家族が理想とする暮らし方、住まい方を軸として持っている必要があります。時間がかかったとしても打ち合わせを丁寧に行い、要望をうまく伝えることも大事です。

一戸建て住宅には、建売住宅と注文住宅があります。設計や内装の検討から関わりたい場合は、注文住宅を選びます。間取りが決まっている住宅を購入する場合は、建売住宅を選びます。