打ち合わせから入居までの時間が長い

注文住宅が完成するまでの期間

注文住宅のデメリットの一つとして、打ち合わせをし始めてから実際に建物に入居できるまでに長い時間を要するという点が挙げられることがあります。では、具体的にどれくらいの期間が必要になるのでしょうか。その答えは、どのような工法を採用するかによって変わってきます。例えば、比較的短期間で建てられるツーバイフォーなどの工法を選んだ場合は、一般的には3カ月から4カ月ほどで建物は完成します。一方、時間がかかる鉄筋コンクリート造りの場合には、早くても半年程度は必要になってくるため、より長く待たされることになるでしょう。いずれにしても、購入したらすぐに入居できる建売住宅と比べると、入居までに要する時間は長くなるのです。

完成までに時間がかかる理由

注文住宅の入居までに時間を要する理由は、建物を完成させるためにいくつものプロセスを経る必要があるからです。まず初めに、建物の間取りや仕様を決めなければならないのですが、そのためにはハウスメーカーや工務店の営業マンと何回にもわたって打ち合わせを繰り返す必要があります。それが終わるとようやく建築作業が始まるのですが、悪天候に見舞われたり、資材などの入荷が遅れたりして想定以上に時間がかかるケースは少なくありません。他にも住宅ローンを利用するのであれば、その審査に要する時間も考慮する必要があります。こういったプロセスがいくつも存在するため、結果的に注文住宅の完成までには数ヶ月もの時間を要することになるのです。